首飾り

Menu

基礎知識

・ネックレスとは何か

・ペンダントトップ

・ネックレス 長さ

・素材 その1

・素材 その2

 

 

アクセサリーショップには様々なネックレスが並んでいます。みなさんは
ネックレスを何本持っていますか?ここではネックレスに関することとして、
ネックレスの歴史やその役割など、普段から私たちの身につけられるアクセサリーの
一つとして人気の高いネックレスの基本となるような事柄を紹介していきましょう。

ネックレスの歴史

外国や日本では、ネックレスはそれぞれいつ頃から登場してきて歴史を歩んできたので
しょうか?ネックレスの歴史はあまり触れられないことが多いと思いますので、
ちょっと覗いてみてください。

・外国のネックレス

この世界には本当にたくさんのアクセサリーがありますが、それぞれ歴史を持って
いることと思います。ネックレスはそんなたくさんのアクセサリーの中でも特に古い
歴史を持っていると言われていて、太古の大昔は動物の骨や牙、貝殻などを、
植物で作った縄のようなものに通して、それを首にかけていたようです。

しかし、その当時は現在のようにオシャレをするという目的でネックレス身につけていた
わけではなくて、その者の身分を証明するための免許証みたいなものだったり、
豊作などを願うときの道具として使われたり、ときには占いなどにも専用の道具
として利用されたりしました。

また、現在では男性がネックレスをしていることは一般的なことになっていますが、
現在でも女性のアクセサリーだと思っている方はいるのでしょうか?
その考え方は一体どこから来たのでしょうか?
昔は男女関係なく普通にネックレスを身につけていました。古
代エジプト時代にはピラミッドの王族が宝石が散りばめられたきれいなネックレスをつけていました。これは出土した遺品からわかりました。

ローマ時代になると、貴族の女性たちは色鮮やかな宝石を金の枠にたくさんはめ込んだ
ネックレスを好んで身につけていました。18世紀になり、フランスの宝飾技術がヨーロッパ
全土に広まっていき、花やリボンを使った渦を巻いた形のペンダントが人気となりました。

それから時代が変化していくとともに、ヨーロッパの上流階級では胸元が大きく開いたドレスが人気となっていきました。そうなると胸の飾りももっと綺麗なものをと、いろいろと
考えていかなくてはなりません。
そのことがネックレスが重宝される原因だったのではないかと思います。

・日本のネックレス

一方、所変わって日本でのネックレスの歴史になりますが、
日本では古墳時代からヒスイ、メノウ、水晶、碧玉(へきぎょく)などの宝石を使って人々は身につけていました。

外国と同じように日本でも、男女ともにネックレスをしていたんですね。 男性の代表的な
ものでは聖徳太子が身につけていたとされている勾玉(まがたま)があります。

勾玉は権力の象徴として使われたり、お守りの代わりとしても使われていました。 古墳からはヒスイや青、赤のメノウ、さらにはガラスや土器で作られた勾玉も発見されました。
ですが、服飾の技術が進んでいくと、次第に宝石類の人気はどんどん落ちてしまいました。

それは国の事情も背景にあって、アクセサリーというもの自体が姿を消していくように
なりました。再びネックレスなどのアクセサリーが人気になり始めていくのは、昭和の時代になってからことです。この時代から急激に経済が発展していくにつれて、人々のオシャレに対する関心も大きくなっていきました。


ネックレス 役割

では、ネックレスの役割を見ていきましょう。
役割としてはオシャレをするためのものに間違いはありません。ネックレスの歴史の項目でも説明したようにネックレスが登場したころは、現在の免許証や祈りの道具として使われていて、オシャレの一つという感覚ではつかわれていませんでした。

ネックレスをきれいで美しいものとして着飾るようになったのは、
ネックレスが生まれてからもうちょっと後のことになります。
それが貴族の階級が生まれた時代で、貴族階級の女性たちは
ネックレスに付いた宝石の美しさやどれだけ高価な物なのかを競うようになっていきました。
男性へのアピールポイントにもなったのではないでしょうか。

現在でもオシャレという目的のためのネックレスではありますが、
もう一つの目的として、健康の為というのがあります。
この健康のためにネックレスをしている人も増えてきています。
詳しくは「ネックレスの素材」のページで紹介しています。


ネックレスの種類

・ペンダント

ペンダントはネックレスと並んで、おなじみのアクセサリーになっています。
ここで質問ですが、みなさんはネックレスとペンダント、
この二つのアクセサリーの違いは分かりますか?
ペンダントはチェーンの先に装飾品がついているものをいいます。
この装飾品はペンダントトップといいます。
ネックレスは首にかけている物それ自体が装飾品となっているものをいいます。
この二つをまとめてネックレスと言っている方も多いと思います。

ペンダントトップはカラーストーンや宝石が使われていたり、クロス、ハートの形を
したものだったり、そのバリエーションはとても豊富です。

・ラリエット

このラリエットもネックレスの仲間になります。
このラリエットという名前は初めて聞く人もいると思います。

ラリエットは留め金がなく、ヒモのような状態のものをいいます。
この名前には「結ぶ」という意味があって、一般的には首の前で結びます。

マフラーみたいに自由にいろいろなアレンジができるところが
このラリエットの魅力です。「ネックレスは着けてみたいけど留め金が面倒だなぁ」
という方に特におすすめします。
また、結構長めのものなので首に巻くだけじゃなく、
ベルトとしても使うことができます。一本あれば色々と使うことができて便利だと思います。

Valuable information

声優・俳優等プロから一般の方までレッスン致します。

渋谷でボイストレーニング

ヴィンテージ北欧食器 北欧雑貨 アラビアムーミン リサ・ラーソンを豊富に取り揃えています。

アラビア 食器

手数料なしの買取価格を公開中です。

金 買取 札幌

最終更新日:2016/6/1